狭山市の肛門外科

辛いお尻の痛み
​恥ずかしがらずにお早目の受診を

織田医院外観

織田医院について

狭山市入間川の織田医院は肛門科を専門として治療を行っております。お尻のことは気になるけど、恥ずかしくてなかなか病院に行けない…とお悩みではありませんか?便秘や下痢、便に血が混ざっている、お尻が切れた、腫れた、痛い、違和感がある、など、何かお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。いつでもご来院をお待ちしております。

 

肛門科の病気

痔ろう(あな痔)

痔ろうは、肛門の周囲が腫れて膿み、溜まった膿が自然に破れたり、膿が出た後の孔がふさがらず残っている状態で、特に男性に多い疾患です。
炎症がさらに広がると、肛門周辺の皮膚までつながるトンネル状の穴ができます。

痔ろう・あな痔

痔核(イボ痔)

痔核は直腸や肛門回りの静脈が密集している場所が膨れあがり、しこりになった状態のことをいいます。直腸粘膜の下にできるものを内痔核、肛門外側の皮フの下にできるものを外痔核と呼びます。
痔核の原因にはいろいろありますが、便秘がちである、排便する時にいきむ、力仕事や過度の飲酒、妊娠(出産時のいきみによる)などが考えられます。肛門疾患のおよそ半数が痔核です。

痔核・イボ痔

裂肛(切れ痔)

裂肛とは、肛門周囲の粘膜や皮フが切れて傷ができたものです。硬い便を排泄する時、肛門の粘膜や皮フが切れることで起こります。炎症を起こすと治りにくく、慢性の潰瘍となる場合もあります。同じ場所が何度も切れるとその周囲が肥大して厚く盛り上がって硬くなり、さらに治りにくくなります。近年は若い女性にも多く発症します。

裂肛・切れ痔

肛門疾患は、排便習慣と密接に関係があります。ご自身の生活習慣を見直すこともとても大切ですが、早めの受診も早期治癒のポイントです。

肛門疾患では、症状に応じて座薬や軟こう、鎮痛剤、抗炎症剤などを用い、薬物療法を行います。放置すると貧血が生ずる場合もありますので、やはり早期治療が大切です。
また、食事の改善だけでは便秘改善できないときは整腸剤や緩下剤を服用します。症状が重い場合や、再発を繰り返すような場合は、手術することもあります。特に、痔ろうの場合は症状が悪化しないうちに早めに手術します。手術は20分程度で、日帰り手術も可能です。

​恥ずかしがらず、早めに織田医院にご相談ください。

 
診療時間

診療時間

休診日

木曜・土曜午後、日曜日、祝日

予約

当日予約可、電話予約可

 

医院案内

織田医院

〒350-1305 埼玉県狭山市入間川3丁目20-4

​TEL:04-2954-9669

​院長:織田 良雄(国立千葉大学医学部卒)

アクセス

西武新宿線・狭山市駅・西口出口徒歩10分

狭山市駅西口より七夕通り沿い、埼玉りそな銀行狭山支店近く

​駐車場:有